2018年沖縄県知事選挙は玉城デニー氏が当選-期日前投票は前回の2倍

沖縄選挙

 

2018年9月30日に行われた沖縄県知事選挙は、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古移設阻止を訴えた前衆議院議員の玉城デニー氏が、前宜野湾市長の佐喜真淳氏らを破り、初当選となりました。

2018 沖縄県知事選 | 地方選挙 | 選挙データベース | NHK選挙WEB
【沖縄県知事選結果】沖縄県知事選挙は30日に投票が行われ、野党が支援し、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設阻止を訴えた前衆議院議員の玉城デニー氏が初めての当選を果たしました。

 

2018年沖縄県知事選挙の結果

沖縄県知事選挙は最終的に以下のような結果となりました。

沖縄県 | 地方選挙 | NHK選挙WEB
NHKが運営する地方選挙のページです。沖縄県の選挙はこちら。

 

さきま淳玉城デニー渡口はつみカネシマシュン
316,458396,6323,4823,638

 

玉城デニー氏が佐喜真淳氏に8万票以上の差をつけて当選しました。

 

2018年沖縄県知事選挙は期日前投票が35%を超え、前回の2倍に

沖縄県知事選挙では投票日よりも前に投票できる期日前投票を有権者数の35%を超える40万人以上の人が利用し、前回の選挙の2倍の人が期日前投票制度を利用して投票していたということです。

40万人超が期日前投票終える 沖縄県知事選、前回の2倍に | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 沖縄県選挙管理委員会は14日から29日までの16日間の知事選期日前投票者数は40万6984人と発表した。過去最高だった2014年前回知事選の19万7325人に比べ、約2・1倍だった。選挙人名簿登録者数(12日現在)115万8569人に占める割合は35・1%となった。
沖縄知事選:街頭演説中止 期日前投票者数は過去最高 - 毎日新聞
 翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選は30日投開票される。選挙戦最終日となった29日は台風24号の接近で沖縄本島を中心に大荒れの天候となったため、主要な候補者が街頭演説を取りやめ、半数以上の自治体が期日前投票を中止するなど大きな影響が出た。一方、期日前投票者数は過去最高の40万超

 

沖縄では選挙期間中は毎日が投票日、となりつつある感じですね。

 

他の選挙でも期日前投票制度を利用できますので、投票日に投票所に行けない、という方は期日前投票を活用されてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました