2018年沖縄県知事選挙は玉城デニー氏が当選-期日前投票は前回の2倍

 

2018年9月30日に行われた沖縄県知事選挙は、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古移設阻止を訴えた前衆議院議員の玉城デニー氏が、前宜野湾市長の佐喜真淳氏らを破り、初当選となりました。

 

2018年沖縄県知事選挙の結果

沖縄県知事選挙は最終的に以下のような結果となりました。

 

さきま淳 玉城デニー 渡口はつみ カネシマシュン
316,458 396,632 3,482 3,638

 

玉城デニー氏が佐喜真淳氏に8万票以上の差をつけて当選しました。

 

2018年沖縄県知事選挙は期日前投票が35%を超え、前回の2倍に

沖縄県知事選挙では投票日よりも前に投票できる期日前投票を有権者数の35%を超える40万人以上の人が利用し、前回の選挙の2倍の人が期日前投票制度を利用して投票していたということです。

 

沖縄では選挙期間中は毎日が投票日、となりつつある感じですね。

 

他の選挙でも期日前投票制度を利用できますので、投票日に投票所に行けない、という方は期日前投票を活用されてはいかがでしょうか。

 

Follow me!