なぜ、こんなことをするのか。ポスター損壊は犯罪です。

2018年11月30日ポスター損壊 2018年11月30日ポスター損壊2

今朝、香取駅から帰ってくると、とても悲しいことがありました。

 

近所に貼ってあるかとう裕太とかとう裕介さんのポスターが破られていました。

そして、家の玄関にはかとう裕太の写真の首から上を刃物で切り取ったものが置かれていました。

脅迫されたと感じました。

 

このポスターは、特殊な紙でできており、簡単には破けませんし、切れたりもしません。

 

なぜ、こんなことをするのか。

こんなことがこのまちのためになるのか。

 

私は、こんなことには、絶対、負けません。

最後まで闘い続けます。

 

 

 

ここからは、法律のお話。

ポスターの損壊は、犯罪です。

決して軽い罪ではありませんし、刑罰も大変重いものになっています。

公職選挙法225条(選挙の自由妨害罪)

刑法261条(器物損壊罪)

 

また、写真の首から上を刃物で切って家に置くようなことも、犯罪です。

刑法222条(脅迫罪)

 

いたずらでは済まされません。

絶対にしないでください。

Follow me!