令和2年度中学生議会が開催されました 14名の中学生議員が議論

令和2年度中学生議会一般質問

みなさんこんばんは。香取市議会議員の加藤裕太です。

 

2020年10月28日に令和2年度香取市中学生議会が開催されました。

かとう裕太は傍聴席から議会を傍聴させていただきました。

 

今年度は14名の中学生議員のみなさんが各学校の代表として参加しました。

議長・副議長の議事の進行や、各議員の一般質問など、中学生議員のみなさんが確りと会議を進めていました。

市政に関する一般質問では、よく質問が練られており、香取市側の答弁をうまく引き出していたと思います。

 

中学3年生のみなさんは、約3年後の18歳になると選挙権を得て、選挙において投票をすることで自身の意思をあらわすことができますが、それまではなかなか市長や市の職員のみなさんに意見や疑問をぶつける機会はないと思います。

中学生議会のような、みなさんが考えていること、疑問に思っていることを、市長や課長のみなさんに直接伝えられる機会を、今後も継続していただければと思います。

また、これをきっかけに香取市議会や香取市の市政に興味を持っていただけたらいいなと思います。

 

中学生議員のみなさん、関係者のみなさん、お疲れ様でした。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました