決戦の前に

佐原駅

こんばんは。かとう裕太です。

 

最近はよく高校野球をやっていたときのことを思い出します。

香取市内の駅での早朝からの活動。

「頑張れ!」とたくさんの方々からの声援。

どんなに厳しいときでも、負けたくない、と思う強い気持ち。

そして、応援してくださるたくさんの仲間。

最近の活動は、なんだか高校の部活動と似ているところがあるなと思います。

 

そんなこともあって、今の心境は、大事な大会前夜。

ワクワクとソワソワが同居している不思議な感じです。

楽しみな部分もあるし、不安な部分もある。

ちょうどいい緊張感。

久しぶりに味わう感覚ですが、いいものですね。

 

思えば、活動を始めてから、いろいろなことがありました。

「頑張れ!」と、温かい言葉をたくさんいただきました。

かとう裕太新聞をいつも楽しみに読んでるよ、と言っていただきました。

ポスターを破かれ、刃物で写真の首から上を切られて脅迫されたこともありました。

しかし、それでも「負けるな!」「仲間がついているぞ!」とたくさんの方が支えてくださいました。

ありがとうございます。

 

勝負は蓋を開けるまではわかりません。

本当に、本当に厳しい闘いですが、ここまで来たら自分たちのできることをやることしかできません。

かとう裕太は、応援してくださる仲間のみなさんとともに、最後まで、全力で闘い続けます。

Follow me!