2020年10月11日に小野川で下座舟が運行されます 10日は台風の影響で中止

小野川下座舟イベント

みなさんこんばんは。香取市議会議員の加藤裕太です。

 

2020年10月11日に佐原の小野川で下座舟が運行されます。

当初は10日も運行される予定でしたが、台風のため11日のみの運行となりました。

佐原のまちに佐原囃子を届けます:香取市ウェブサイト:香取市観光サイト
令和2年度プレスリリース:香取市ホームページ

 

本来であれば10月9日から11日まで佐原の大祭秋祭りが開催されている予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で2020年は中止となっていました。

佐原の大祭秋祭り:香取市ウェブサイト:香取市観光サイト

そういった中で、本来の最終日の11日の下座舟の運行となります。

 

以下、香取市のプレスリリースの本文を掲載します。

令和2年度プレスリリース:香取市ホームページ

 

小野川下座舟は10月11日のみ運航します。

10月10日(土)及び11日(日)に運航を予定していた小野川下座舟は、 台風14号の影響を考慮し、10日(土)の中止を決定しました。 なお、11日(日)については、運航を予定していますが、天候不良のほか、 雨が降っていなくても、小野川の増水等により舟が航行できず、時間変更・中止 となることがあります。

 

佐原の大祭実行委員会と小江戸さわら会の共催で佐原囃子を演奏する下座舟を小野川で運航します。

今回の下座舟は、新型コロナウイルスによる影響で秋祭りが中止となる中、「疫病退散」「秋祭りの日に佐原の町並みへ佐原囃子を届けたい」「佐原観光の一助となりたい」との思いから開催されるものです。

佐原囃子の曲目「あんば」は、茨城県稲敷市の大杉神社に伝わる「あんば囃子」が源流とされており、あんば囃子は「大杉囃子」「悪魔祓い囃子」とも称され、疫病退散のお囃子として知られています。

 

内容

舟を山車に見立て、お囃子連が佐原囃子を演奏しながら小野川を進みます。

異なる曲目が同時に演奏されるその様子は、まるで山車が引き廻されているかのように感じられます。

開催日 令和2年10月11日(当初の秋祭り最終日)

時 間 13時30分から17時まで(途中休憩時間あり)

場 所 小野川(樋橋から新橋まで)

出演団体 牧野下座連、佐原囃子連中

その他 雨天の場合は中止となります。雨が降っていなくても、小野川の水位上昇等により舟が航行できない場合は、時間変更や中止となることがあります。

 

タイトルとURLをコピーしました