家賃支援給付金の申請が始まりました 法人最大600万円・個人事業者最大300万円

家賃支援給付金企業

みんさんこんばんは。香取市議会議員の加藤裕太です。

 

2020年7月14日から、売上が減少した中小企業等を支援する家賃支援給付金の申請が始まりました。

 

原則オンライン申請となっています。

トップ | 家賃支援給付金
5月の緊急事態宣言の延長などにより、売上の減少に直面するみなさまの事業の継続をささえるため、地代・家賃(賃料など)の負担を軽減する給付金を支給する「家賃支援給付金」についてのページです。

 

家賃支援給付金はどんな制度?

家賃支援給付金 家賃支援給付金

家賃支援給付金は、以下の3つの要件すべてを満たす場合に、法人に最大600万円、個人事業者に最大300万円を一括支給する給付金となっています。

①資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者

②5月から12月の売上高が、1ヶ月で前年同月比マイナス50%以上または、連続する3ヶ月の合計で前年同期比マイナス30%

③自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払っている

 

家賃支援給付金の必要書類は?

家賃支援給付金の申請に必要な書類は、ポータルサイトでまとめられています。

準備する書類 | 家賃支援給付金
5月の緊急事態宣言の延長などにより、売上の減少に直面するみなさまの事業の継続をささえるため、地代・家賃(賃料など)の負担を軽減する給付金を支給する「家賃支援給付金」の準備する書類についてのページです。

 

必要書類は、大きく分けると、宣誓項目・売上に関する書類・賃貸借契約に関する書類・口座情報に関する書類・本人確認に関する書類(個人事業主の場合)となっています。

 

スキャンや写真撮影をして提出することになります。

 

書類に不備があると給付金がお支払いできないとのことなので、よくある不備などを確認しながら、書類をしっかりと提出していただきたいと思います。

よくある不備 | 家賃支援給付金
5月の緊急事態宣言の延長などにより、売上の減少に直面するみなさまの事業の継続をささえるため、地代・家賃(賃料など)の負担を軽減する給付金を支給する「家賃支援給付金」のよくある不備についてのページです。

 

申請の窓口は?

家賃支援給付金ポータルサイト

トップ | 家賃支援給付金
5月の緊急事態宣言の延長などにより、売上の減少に直面するみなさまの事業の継続をささえるため、地代・家賃(賃料など)の負担を軽減する給付金を支給する「家賃支援給付金」についてのページです。

 

家賃支援給付金に関するお知らせ

家賃支援給付金に関するお知らせ (METI/経済産業省)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました