九美上・福田にある油田牧の野馬込跡が下総佐倉油田牧跡として国指定の史跡になります

香取市役所

みなさんこんばんは。香取市議会議員のかとう裕太です。

 

2019年6月21日に香取市の九美上や福田のあたりにある油田牧の野馬込跡が下総佐倉油田牧跡として国の史跡に指定することにつき、文部科学大臣へ答申されました。

香取市では、良文貝塚・伊能忠敬旧宅・阿玉台貝塚に続き、4件目の国指定史跡となります。

今後の官報告示によって正式に史跡指定となります。

 

下総佐倉油田牧跡とは?

下総佐倉油田牧跡とは、江戸時代に整備された乗馬用の馬や軍馬を育てて管理するための牧の跡です。

 

千葉県には北西部に小金牧、北東部に佐倉牧、南部に嶺岡牧が整備されました。

 

佐倉牧は、油田牧、矢作牧、取香牧、内野牧、高野牧、柳沢牧、小間子牧の七つに分けられ、現在の香取市から千葉市にかけて広がる「佐倉七牧」と呼ばれていたそうです。

 

そのうちの油田牧は、佐倉七牧の北東端に位置し、香取市佐原地区南部から栗源地区北部(九美上、福田、本矢作、大根、返田、下小野、油田、高萩、岩部、助沢、伊地山)の東西約4.7キロメートル、南北約4.6キロメートル、面積は約10.1平方キロメートルになる牧でした。

 

佐倉七牧のなかでは最も小さいですが、牧の外周を囲む野馬除土手跡(のまよけどてあと)や内部を仕切る勢子土手跡(せこどてあと)、馬を集めて選別する野馬込跡(のまごめあと)など、牧に伴う遺構が現在でも残されています。

 

九美上や福田の野馬込(のまごめ)とは、毎年1回、放牧した馬をここに集め、幕府に送る馬などを選別した施設です。

 

この行事は「野馬捕り」と呼ばれ、牧場最大の行事であり、近郷から多くの見物人が集まって賑わったという記録が残っています。

 

野馬込跡の現状は、規模が東西59メートル、南北58メートルで、平面形は三角形に近く、高さ2~3メートルの土手で囲っています。

 

その内部は、馬を捕える「捕込(とっこめ)」、幕府へ送る馬や農民・町民に払い下げる馬を溜めておく「溜込(ためごめ)」、繁殖のため野に返す若い馬を入れる「払込(はらいごめ)」の3つの区画に分けられています。

 

文化庁は「近世における馬牧の様相を知る上で貴重な遺跡」と評価しています。

 

近世の絵図と比較しても、ほとんど変わらない状況で良好に残されており、平成5年には千葉県における近世の牧経営を具体的に示すものとして極めて貴重であることから千葉県の史跡に指定されていました。

 

今回、国史跡指定として答申されたのは、この野馬込跡とそこに接続する野馬除土手跡で、市有地1筆と私有地3筆の6,432.09㎡の部分です。

 

香取市としては、今後、保存活用計画を策定し、史跡整備を進めていく予定だということです。

Follow me!