総務政策常任委員会が開催 様々な活動をされている方々のお話を伺いました

20240123総務政策常任委員会かとう裕太

みなさんこんばんは。香取市議会議員の、かとう裕太です。

 

2024年1月23日、総務政策常任委員会が開催されました。

 

公共交通に関する所管事務調査として、市内で色々な取り組みをされている方々のお話を伺いました。

 

みなさんそれぞれの取り組みは素晴らしいと思いますが、それらを確りとサポートできる体制整備が重要だと感じました。

 

最後に企画政策課の説明を受け、今後の方向性などについて議論いたしました。

 

これまで総務政策常任委員会では、ライドシェアに注目して視察を行うなど、調査や議論を進めてきましたが、政府も動き始め、4月からライドシェアも限定的なかたちにはなるようですが、解禁される方向になっています。

 

地域の公共交通、そして移動の自由の確保のために、今後も確りと調査を進め、議論を深めて参りたいと思います。

香取市議会議員 かとう裕太

1987年香取市佐原生まれ。

水郷保育所、佐原小、佐原中、八千代松陰高校(野球部)、慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、石油元売会社入社。
退社後、佐原駅前の加藤瓦店。

京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了。
加藤裕太行政書士事務所代表。
宅地建物取引士・基本情報技術者・国内旅行業務取扱管理者。

2012年、香取市総合計画(後期基本計画)審議会委員として香取市のグランドデザインづくりにかかわる。

佐原青年会議所での活動や行政書士の仕事を通じて、行政に若い世代の声を届ける必要性を痛感。

2018年12月の香取市議会議員選挙に立候補。
1930票をいただき、初当選。
香取市議会議員(1期)。

若い世代の意見を反映できるまちづくりを目指し活動中。

総務企画常任委員会副委員長。

かとう裕太 交通 香取市のこと
かとう裕太(香取市議会議員)をフォローする
香取市議会議員 かとう裕太 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました